育毛剤でフサフサな髪の毛をゲット│生まれ変わる頭皮

Health

薄毛を治療しよう

医薬品のものを使用する

薄毛に悩んでいて発毛をさせたい、そういう場合にはどこでも売っているような例えばコンビニ、スーパーなどで販売している安価なものだと効果という点では薄いです。それも1000円しないで購入できる育毛剤です。安価な理由には、医薬部外品であるからです。医薬部外品は、薬事法において定められた分類なのですが、人体に与える影響が緩やかです。おもに疾病の改善や予防を目的とするものとされていて厚生労働大臣の認可が必要です。医薬部外品は医薬品と比べると効果の面では薄いです。そのため頭皮の保湿であったり栄養補給の効果はあるかもしれませんが、発毛させるまでは難しいのです。そのため値段は高くなりますが、医薬品の育毛剤で発毛させます。

効果は高いが体へのリスクも他界

発毛させるのであれば医薬品の育毛剤を選びます。発毛させるという目的であれば医薬部外品の育毛剤よりも効果が高いので選びたいところですが、医薬品の育毛剤は効果が高い分、からだへの影響も大きいのです。そしてそれだけ副作用があらわれる可能性も高くなります。発毛させるには、ミノキシジルという成分が含まれています。ミノキシジルですが、血管拡張剤として使用されていたため血圧の低下や脈拍数の増加といった副作用がでることもあります。このような副作用のリスクを抑えるためにも最初は少量ずつ使います。そしてその反応を見ながら問題がなければ少しずつ使用料を増やしていきます。もし副作用が出るようであれば医師にすぐにでも相談です。